今季7戦全勝 “強靭メンタル”スケート小平の敵は故障だけ

公開日:  更新日:

 注目の対決は圧勝だった。

 平昌五輪のテスト大会となるスピードスケートの世界距離別選手権は10日、韓国・江陵の屋内リンクで行われ、女子500メートルに出場した小平奈緒(30)が37秒13のタイムで初優勝。自らの日本記録(37秒29)も更新した。この大会の個人種目での日本選手の優勝は、2005年の男子500メートルの加藤条治以来。女子では初めての快挙だ。同種目で五輪3連覇を狙う強敵の李相花(27=韓国)は、37秒48で2位だった。

 来年の五輪会場で行われた前哨戦を制した小平は、今季7戦全勝。向かうところ敵なしで、五輪本番では金メダル候補の筆頭だろう。

「これだけ連勝が続くと逆に怖い」との声もある。女子ジャンプで絶対王者の高梨沙羅も、W杯で勝ちまくりながら、ソチ五輪では4位に終わった。日本選手はW杯などで好成績を出しても、五輪で期待を裏切るケースが少なくない。技術面の問題より、メダル取りの重圧に押し潰されるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る