東京五輪で採用 スケボー競技に“スノボ選手殺到”の可能性

公開日:

 東京五輪から実施される新種目には、多数の冬季競技の選手が出場しそうだ。

 スノーボード男子ハーフパイプ2大会連続(バンクーバー、トリノ)金メダルのショーン・ホワイト(30=米国)が、20年にはローラースポーツのスケートボードでの出場を検討しているという。8日(日本時間9日)に複数の米メディアが伝えている。

 東京五輪で採用されるスケートボードは、階段や手すりのような障害物を乗り越えながら技を繰り出す「ストリート」、四角のエリア内に障害物を設置して技を競う「パーク」の2種目。どちらも技の高さや回転、独自性、難度などを争う採点競技で、使用する器具が異なるとはいえ、足の動きなどは共通しており、実際に2種目をこなす選手は少なくない。

 日本ローラースポーツ連盟によれば「競技中の動作は似ているため、スノーボードの選手が夏場にスケートボードをトレーニングの一環として取り入れたり、その逆のケースもあります。スノーボードの選手がスケートボードで五輪を狙うのは不可能なことではありません」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る