日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子アイスホッケー“スマイルジャパン”平昌へ一番乗り

 キップは取った。アイスホッケー女子の平昌五輪最終予選最終日(北海道・苫小牧)の12日、世界ランク7位の日本が同8位のドイツに3-1で勝利。3戦全勝(勝ち点9)で2大会連続3度目の五輪出場を決めた。全競技を通じて日本勢の平昌五輪出場権獲得は初めてだ。

 日本女子は第2ピリオドに藤本のゴールで先制。さらに小野が2点目のゴールを決めた。ドイツに1点を返されて迎えた第3ピリオドの残り約5分、久保が3試合連続のゴールを決めて2点差に。ドイツは残り2分から、ゴールキーパーをベンチに下げて6人攻撃を開始。日本は猛攻をしのいだ。

 山中監督は「選手を褒めたい。1、2戦は硬さもあったが、今日は自分たちの良さを出した。ベストゲームをした」と言った。

「五輪に出ることが目標ではない」という日本女子は、前回のソチでは悔しい思いをした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事