• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界から約7分遅れ 日本男子マラソンに「2時間9分」の壁

 9分切りさえ厳しい時代になった。

 昨年12月の福岡国際マラソンで日本勢最高の3位だった川内優輝(29)が12日、愛媛マラソンで大会新記録の2時間9分54秒で初優勝した。

 2時間9分台といえば、川内の福岡も、2時間9分11秒。今月5日の別府大分毎日マラソンで優勝した中本健太郎(34)も2時間9分32秒だった。リオ五輪代表の3人も、選考会の記録は佐々木悟(福岡国際3位)がどうにか9分を切って2時間8分56秒。北島寿典(びわ湖毎日2位)は2時間9分16秒、石川末広(同4位)も2時間9分25秒。マラソン選手が目の色変えた五輪シーズンでさえ、この程度の記録しか出なかった。

 世界の男子マラソンは、2時間2分台に突入したというのに、国内大会の2時間7分台は、15年の東京で今井正人が出した2時間7分39秒(7位)が最後だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る