• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京マラソン“台風の目”に 青学・下田に実業団は戦々恐々

 昨年以上の記録は間違いないだろう。

 重友梨佐(29)が、5年ぶり2度目の優勝を果たした大阪国際女子マラソンの記録(2時間24分22秒)は期待外れに終わったが、2月(26日)の東京マラソンはいろいろな意味で注目されている。

 11回目を迎える今年はコース変更によりゴールが東京ビッグサイト(江東区有明)から、東京駅前の行幸通りになった。皇居前に約3万5000人を超えるランナーが集うことから、警視庁は29日、ゴール地点となる行幸通りで「テロ対処訓練」を実施した。

 コース変更によって、これまで以上に警備が難しくなる一方で、昨年まで選手を苦しめた35キロすぎの心臓破りの坂(佃大橋)が消え、さらに高速コースとなった。

 今年は世界歴代4位の記録(2時間3分13秒)を持つキプサング(34=ケニア)が参戦。大会記録(2時間5分42秒)更新の可能性も十分にあるが、実業団にとって気になるのはテロやケニア選手ではなく学生ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る