東京マラソン“台風の目”に 青学・下田に実業団は戦々恐々

公開日:  更新日:

 昨年以上の記録は間違いないだろう。

 重友梨佐(29)が、5年ぶり2度目の優勝を果たした大阪国際女子マラソンの記録(2時間24分22秒)は期待外れに終わったが、2月(26日)の東京マラソンはいろいろな意味で注目されている。

 11回目を迎える今年はコース変更によりゴールが東京ビッグサイト(江東区有明)から、東京駅前の行幸通りになった。皇居前に約3万5000人を超えるランナーが集うことから、警視庁は29日、ゴール地点となる行幸通りで「テロ対処訓練」を実施した。

 コース変更によって、これまで以上に警備が難しくなる一方で、昨年まで選手を苦しめた35キロすぎの心臓破りの坂(佃大橋)が消え、さらに高速コースとなった。

 今年は世界歴代4位の記録(2時間3分13秒)を持つキプサング(34=ケニア)が参戦。大会記録(2時間5分42秒)更新の可能性も十分にあるが、実業団にとって気になるのはテロやケニア選手ではなく学生ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る