• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

重友が復活優勝も…日本選手にペースメーカーはいらない

 これで強化といえるのか。

 8月の世界陸上(ロンドン)の代表選考を兼ねた29日の大阪国際女子マラソンは、ロンドン五輪代表(79位)の重友梨佐(29)が、2時間24分22秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 今大会は3年後の東京五輪への強化策として、勝負どころの後半でペースを上げるために、中間点まで走るペースメーカー(PM)のタイムを従来より1分近く遅い1時間12分台に設定。一定のペースは刻めなかったとはいえ、ほとんどの選手は予想通り後半に失速。

 重友だけは、前後半ともほぼ同じタイムで走った。それでも時計は5年前の自己記録(2時間23分23秒)より約1分遅く、昨年覇者の福士加代子(2時間22分17秒)には2分以上も遅れた。

 日本勢が惨敗したリオ五輪を見ても、スピードのあるアフリカ勢のペースの上げ下げに、全く対応できなかった。東京五輪へ向けての強化というなら、PMなどつけず、序盤から自分でレースをコントロールしたい。アフリカ勢に主導権を握られていては上位争いはできない。

 今回は日本選手の闘争心に火をつけるはずの海外招待選手も、自己記録の最速は5位に入ったハブテゲブレル(26=バーレーン)の2時間25分36秒。

 力不足の日本選手にはもっと大胆な強化が必要だ。小手先の策ではリオと同じ結果は見えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る