重友が復活優勝も…日本選手にペースメーカーはいらない

公開日:

 これで強化といえるのか。

 8月の世界陸上(ロンドン)の代表選考を兼ねた29日の大阪国際女子マラソンは、ロンドン五輪代表(79位)の重友梨佐(29)が、2時間24分22秒で5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 今大会は3年後の東京五輪への強化策として、勝負どころの後半でペースを上げるために、中間点まで走るペースメーカー(PM)のタイムを従来より1分近く遅い1時間12分台に設定。一定のペースは刻めなかったとはいえ、ほとんどの選手は予想通り後半に失速。

 重友だけは、前後半ともほぼ同じタイムで走った。それでも時計は5年前の自己記録(2時間23分23秒)より約1分遅く、昨年覇者の福士加代子(2時間22分17秒)には2分以上も遅れた。

 日本勢が惨敗したリオ五輪を見ても、スピードのあるアフリカ勢のペースの上げ下げに、全く対応できなかった。東京五輪へ向けての強化というなら、PMなどつけず、序盤から自分でレースをコントロールしたい。アフリカ勢に主導権を握られていては上位争いはできない。

 今回は日本選手の闘争心に火をつけるはずの海外招待選手も、自己記録の最速は5位に入ったハブテゲブレル(26=バーレーン)の2時間25分36秒。

 力不足の日本選手にはもっと大胆な強化が必要だ。小手先の策ではリオと同じ結果は見えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る