「フォーム無駄ない」 マラソン初V中本健太郎を恩師分析

公開日:  更新日:

 ベテランランナーが初めてゴールテープを切った。5日の世界選手権(8月=ロンドン)の代表選考会を兼ねた別府大分毎日マラソンは中本健太郎(34)が2時間9分32秒で優勝。2時間7分48秒の自己ベストを持つデレジェ・デベレ(30=エチオピア)との終盤の一騎打ちを制した。2012年ロンドン五輪では日本人トップの6位入賞を果たした実績を持ちながら、意外にもフルマラソン14回目にして初優勝である。

 13年の同大会では公務員ランナーの川内優輝(29=埼玉県庁)に最後でかわされて後塵を拝しただけに「あの時の思いをぶつけたことが(結果に)結びついたと思う。優勝がこんなにも気持ちいいと初めて知った」と喜びを口にした。

 今回の優勝で自身3度目の世界選手権代表の有力候補に浮上。母校の拓殖大で中本を指導した米重修一元監督(現工学部准教授)が、ベテラン走者の強みをこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る