日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フォーム無駄ない」 マラソン初V中本健太郎を恩師分析

 ベテランランナーが初めてゴールテープを切った。5日の世界選手権(8月=ロンドン)の代表選考会を兼ねた別府大分毎日マラソンは中本健太郎(34)が2時間9分32秒で優勝。2時間7分48秒の自己ベストを持つデレジェ・デベレ(30=エチオピア)との終盤の一騎打ちを制した。2012年ロンドン五輪では日本人トップの6位入賞を果たした実績を持ちながら、意外にもフルマラソン14回目にして初優勝である。

 13年の同大会では公務員ランナーの川内優輝(29=埼玉県庁)に最後でかわされて後塵を拝しただけに「あの時の思いをぶつけたことが(結果に)結びついたと思う。優勝がこんなにも気持ちいいと初めて知った」と喜びを口にした。

 今回の優勝で自身3度目の世界選手権代表の有力候補に浮上。母校の拓殖大で中本を指導した米重修一元監督(現工学部准教授)が、ベテラン走者の強みをこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事