• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌五輪スケート テストでわかった油断できない韓国の風

「最終ラップ(周回)に入っても失速しないのにはビックリした」――。

 12日に閉幕したスピードスケートの世界距離別選手権(韓国・江陵)に出場した日本人選手の間から、こんな声が相次いだという。

 今大会は来年の平昌五輪で氷系種目の会場となる「江陵スピードスケート競技場」で行われたテストイベント。日本勢では女子500メートルで小平奈緒(30)が日本記録(37秒13)で優勝、1000メートル2位、高木美帆(22)は1500メートル3位、高木菜那(24)が新種目マススタートで2位。女子団体追い抜き(高木菜、高木美、押切美沙紀)は2位に入った。

 来年2月の五輪本番に弾みをつけたが、油断はできない。今大会は海外勢でも自己ベストを更新する選手が続出した。比較的、レベルの高いレースが展開されたのは会場の空調に起因しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る