日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沖縄勢と同組も…宮里藍は連日74で34位タイと振るわず

【ダイキンオーキッドレディス 3日目】

 大会初日も2日目も多くのギャラリーを引き連れたのは、やはり地元沖縄出身の宮里藍(31)の組だった。同組の諸見里しのぶ(30)、アマ新垣比菜(18)も同県勢だったことで注目を集めた。

 しかし、藍は2日連続の74をたたき、通算4オーバー34位タイと成績がさえない。今大会前には「結果にこだわりたい。初日から上位争いできればいい」と意気込んだが、プラン通りにいかなかった。

 プロ転向から米ツアーに挑戦した頃までは、「勝つことに照準を絞っている」と優勝の2文字が藍の口から威勢よく出ていた。ところが最近はサッパリだ。

 日本ツアー14勝、米ツアー9勝の実績を持ち、世界ランキング首位に立ったこともある。しかし、2012年を最後に優勝から遠ざかっている。

 優勝を口に出せない理由は、本人が一番よく分かっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事