リンガーハットと所属契約 内村航平が見据える“東京後”

公開日: 更新日:

 その決断は「未来につながる」と言うのだが……。

 6日、日本初のプロ体操選手に転向した内村航平(28)が外食チェーン「リンガーハット」との所属契約会見に出席した。期間は今年3月から2021年12月末まで。

 内村は、リオ五輪で個人総合と団体総合の2冠を達成後、昨年11月いっぱいでコナミスポーツを退社。直後に、アシックスとアドバイザリースタッフ契約を結び、所属先が注目されていた。今後は、中央に企業ロゴが入ったユニホームで試合に出場したり、企業CMやポスターに出演する予定だという。

「リンガーハット」がアスリートと契約するのは今回が初めて。関係者によれば、契約期間は4年9カ月間で、総額4億円(推定)の金額に変動はないという。内村が「(プロになって)どの選手にどんなスポンサーが付いているのか気にして見るようになった」と話したように、リオ後は陸上のケンブリッジ飛鳥(23=ナイキ)、競泳の萩野公介(22=ブリヂストン)、卓球の丹羽孝希(22=スヴェンソン)ら、プロへ転向する選手が続出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る