日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白井健三がオールラウンダーに 王者・内村航平に宣戦布告

「いつまでも内村航平さんに頼っていられない。下から追い上げたい」――。リオ五輪男子体操種目別跳馬銅メダリストの白井健三(20=日体大)が、絶対王者に宣戦布告である。

 6日、都内で行われた「明治ブルガリアヨーグルト」の新商品発表会に女子日本代表の村上茉愛(20)、笹田夏実(21=いずれも日体大)とともに出席。

 今季初戦となった2月末の種目別W杯(豪州・メルボルン)では、得意の跳馬と床に加え、鉄棒も制して3冠を達成。幸先のいいスタートを切り、「W杯で結果を残したので順調に仕上がっている。この調子を維持して練習していきたい」と、まずは4月の全日本個人総合選手権優勝を目標に掲げた。

 今季は20年東京五輪で個人総合でのメダル取りを目指し、スペシャリストからオールラウンダーへの転身を図る。全6種目をそつなくこなすだけでなく、各種目の難度にもこだわっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事