WBC成功に満足の米コミッショナー 捕らぬたぬきの皮算用

公開日: 更新日:

「大会がうまくいったことを喜んでいる」

 WBCの決勝戦を前にこう言ったのはMLBのマンフレッド・コミッショナー。今大会の観客動員数が初めて100万人を突破したことなどを満足げに振り返ったうえで、次回2021年の第5回大会について、「大会の盛り上がりは維持できると思うし、20年の東京五輪のいい影響も受けるだろう」とコメントした。

 しかし、そううまくいくだろうか。

 20年東京五輪で、08年の北京五輪を最後に除外されていた野球が復活するとはいえ、出場はたったの6カ国。アフリカや欧州諸国では、まだまだ馴染みが薄い競技に過ぎない。参加する半数の国がメダルを獲得するようなマイナー競技は東京五輪限りとの声は根強く、その後に「いい影響」を及ぼすとは考えにくいのだ。

 今大会で米国が優勝したのも、今後を考えればマイナスではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る