• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBC米国初優勝に貢献 MVP右腕はトラブル連発の“爆弾男”

 173センチの小兵右腕が米国を初優勝に導いた。

 マーカス・ストローマン(25=ブルージェイズ)が22日(日本時間23日)のプエルトリコとの決勝戦に先発し、6回を1安打無失点。低めの変化球主体の投球で凡打の山を築き、MVPに選ばれた。2次ラウンドでは、同じプエルトリコ相手に4回3分の2を8安打4失点と打ちこまれたが、大舞台できっちりと借りを返した。

 今大会は母親の母国であるプエルトリコから代表入りを打診されたが、米国代表として出場。トロフィーを手にインタビューに応じたストローマンは「優勝した上に素晴らしい賞までもらえて、こんなにうれしいことはない」と笑顔を見せた。

 東部の名門デューク大3年時の2012年にドラフト1巡目でブルージェイズに入団。昨季までの3年間で62試合に登板し、24勝16敗、防御率3・91。15年には残りの単位を取得して卒業証書を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る