権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小久保監督の手腕については選手が「答え」を知っている

公開日: 更新日:

 大会前の宮崎合宿中に開かれた決起集会では、自ら焼酎のボトルを手に選手へお酌をして回っていた。店の都合上、1階にスタッフ、2階に選手と首脳陣という席割りになったが、監督は途中で何度も酒瓶を持って階下に下りて行き、裏方さんらスタッフへの気遣いも忘れなかった。

 代表選手28人を選ぶ際も、当初は35人程度の候補選手を招集し、宮崎合宿と強化試合を経て、最終的なメンバーを選出するという方法論も意見として出た。実際、過去の侍ジャパンではそうしたやり方をとった例もあったが、小久保監督はそれを良しとしなかった。小久保ジャパンが始動してから3年半でつくり上げたチームの骨格を信頼し、大事にしたかったこともあるだろうが、本番前に落選する選手の気持ちを考えたのだと思う。

 実際にプレーをするのは選手だ。その選手が力を存分に発揮できる環境を整え、グラウンドに送り出したらあとは信頼して耐える。それが、監督の一番の仕事だと考える私からすると、「指導者経験がない」と厳しい見方もされたらしい小久保監督には十分にその資質があった。選手に聞いてみれば分かる。大会中、みなが小久保監督の期待に応えようと必死にプレーをした。それが、小久保監督の手腕を疑問視した人への答えだと思う。

(おわり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る