課題修正しサクッと3安打完封 G菅野は全力投球必要なし

公開日:  更新日:

 巨人の菅野智之(27)が11年ぶりに熊本で行われた昨18日のヤクルト戦に登板。今季初、自身通算5度目の完封勝利を挙げた。

 危なげなかった。八回まで許した安打は雄平の内野安打1本のみ。ノーヒットノーラン級の投球で凡打の山を築いた。球数が100球を超えた九回に2安打されたものの、それでも3安打の完封劇に、本人が「ホッとしている。素直にうれしい」とお立ち台で頬を緩めれば、高橋監督も「言うことない。エースらしい投球」とニッコリだった。

 前回のリベンジを期していた。11日の広島戦は六回途中5失点でKOされた。黒星こそつかなかったが、125球と球数が多く、「いっぱいいっぱいかと思った」と高橋監督に交代を告げられ、「悔しいを通り越した」と唇を噛んだ。「広島戦は回の途中でマウンドを降りて悔しかったし、今日の試合にかけるものがあった。最後までマウンドに立ててうれしい」と指揮官も見返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る