2季ぶり1部復帰決定も スマイルJは平昌五輪までに“丸裸”

公開日:

 すでに来年の平昌五輪出場を決めているアイスホッケー女子日本代表のスマイルジャパンが前哨戦で結果を残した。

 20日(日本時間21日)の世界選手権ディビジョン1A(2部相当)で、開催国オーストリアを4-1で下し、開幕4連勝。勝ち点12とし、21日のフランスとの最終戦を残して優勝を決め、2季ぶりの1部復帰を果たした。

 平昌五輪に弾みをつけたが、今回の優勝、1部昇格は日本にはかえって不利になりかねない。

 昨年の世界ランキングから日本は平昌五輪でスウェーデン、スイス、韓国と同じB組。スウェーデン、スイスの欧州勢は今大会で躍進した日本への警戒を強め、今後は徹底してマークするのは明らか。アイスホッケーの盛んな欧州では五輪に向けて対戦相手の分析を徹底して行う。実際、前回のソチ五輪で日本と1次リーグで同組だったロシア、スウェーデン、ドイツの3カ国は日本の強化試合に偵察部隊を派遣。丸裸にされた日本は3戦全敗に終わった。

 今大会の日本は五輪本番を翌年に控えながら、ほぼベストメンバーで臨んだ。すでに、平昌で同組のスウェーデン、スイスに戦術を分析されている可能性もある。

 出場した過去の五輪2大会では全敗に終わった日本。平昌での五輪初勝利もお預けか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る