2季ぶり1部復帰決定も スマイルJは平昌五輪までに“丸裸”

公開日:

 すでに来年の平昌五輪出場を決めているアイスホッケー女子日本代表のスマイルジャパンが前哨戦で結果を残した。

 20日(日本時間21日)の世界選手権ディビジョン1A(2部相当)で、開催国オーストリアを4-1で下し、開幕4連勝。勝ち点12とし、21日のフランスとの最終戦を残して優勝を決め、2季ぶりの1部復帰を果たした。

 平昌五輪に弾みをつけたが、今回の優勝、1部昇格は日本にはかえって不利になりかねない。

 昨年の世界ランキングから日本は平昌五輪でスウェーデン、スイス、韓国と同じB組。スウェーデン、スイスの欧州勢は今大会で躍進した日本への警戒を強め、今後は徹底してマークするのは明らか。アイスホッケーの盛んな欧州では五輪に向けて対戦相手の分析を徹底して行う。実際、前回のソチ五輪で日本と1次リーグで同組だったロシア、スウェーデン、ドイツの3カ国は日本の強化試合に偵察部隊を派遣。丸裸にされた日本は3戦全敗に終わった。

 今大会の日本は五輪本番を翌年に控えながら、ほぼベストメンバーで臨んだ。すでに、平昌で同組のスウェーデン、スイスに戦術を分析されている可能性もある。

 出場した過去の五輪2大会では全敗に終わった日本。平昌での五輪初勝利もお預けか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る