2季ぶり1部復帰決定も スマイルJは平昌五輪までに“丸裸”

公開日: 更新日:

 すでに来年の平昌五輪出場を決めているアイスホッケー女子日本代表のスマイルジャパンが前哨戦で結果を残した。

 20日(日本時間21日)の世界選手権ディビジョン1A(2部相当)で、開催国オーストリアを4-1で下し、開幕4連勝。勝ち点12とし、21日のフランスとの最終戦を残して優勝を決め、2季ぶりの1部復帰を果たした。

 平昌五輪に弾みをつけたが、今回の優勝、1部昇格は日本にはかえって不利になりかねない。

 昨年の世界ランキングから日本は平昌五輪でスウェーデン、スイス、韓国と同じB組。スウェーデン、スイスの欧州勢は今大会で躍進した日本への警戒を強め、今後は徹底してマークするのは明らか。アイスホッケーの盛んな欧州では五輪に向けて対戦相手の分析を徹底して行う。実際、前回のソチ五輪で日本と1次リーグで同組だったロシア、スウェーデン、ドイツの3カ国は日本の強化試合に偵察部隊を派遣。丸裸にされた日本は3戦全敗に終わった。

 今大会の日本は五輪本番を翌年に控えながら、ほぼベストメンバーで臨んだ。すでに、平昌で同組のスウェーデン、スイスに戦術を分析されている可能性もある。

 出場した過去の五輪2大会では全敗に終わった日本。平昌での五輪初勝利もお預けか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  4. 4

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  5. 5

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  6. 6

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る