ドーピング疑惑晴れ…高跳び女王クチナ世界選手権出場へ

公開日: 更新日:

 陸上界を代表する美女が国際舞台に戻ってくる。

 国際陸連(IAAF)は11日、組織的ドーピングで資格停止処分中のロシア陸連から、15年世界選手権を制した女子走り高跳びのマリア・クチナ(24)ら、潔白が証明された7選手に個人資格での国際大会出場を容認した。これにより走り高跳びの女王は8月の世界選手権への出場が可能になった。クチナは金メダルが有力視されながら、昨夏のリオ五輪はドーピング問題に巻き込まれ出場停止。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に処分停止を求めて提訴したが、認められず出場できなかった。

 IAAFから出場資格を与えられたクチナは「処分を解除されたことはうれしいが、正当な権利を得ただけ。二度とこのようなことがあってはならない」と所属事務所を通じて談話を発表した。

 15年9月のダイヤモンドリーグ・ブリュッセル大会を最後に国際試合から遠ざかっていたクチナにとっては、世界選手権に出場すれば、約2年ぶりの大舞台となる。フィールドにすら立てなかったリオでの悔しさをロンドンで晴らせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る