ドーピング疑惑晴れ…高跳び女王クチナ世界選手権出場へ

公開日:

 陸上界を代表する美女が国際舞台に戻ってくる。

 国際陸連(IAAF)は11日、組織的ドーピングで資格停止処分中のロシア陸連から、15年世界選手権を制した女子走り高跳びのマリア・クチナ(24)ら、潔白が証明された7選手に個人資格での国際大会出場を容認した。これにより走り高跳びの女王は8月の世界選手権への出場が可能になった。クチナは金メダルが有力視されながら、昨夏のリオ五輪はドーピング問題に巻き込まれ出場停止。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に処分停止を求めて提訴したが、認められず出場できなかった。

 IAAFから出場資格を与えられたクチナは「処分を解除されたことはうれしいが、正当な権利を得ただけ。二度とこのようなことがあってはならない」と所属事務所を通じて談話を発表した。

 15年9月のダイヤモンドリーグ・ブリュッセル大会を最後に国際試合から遠ざかっていたクチナにとっては、世界選手権に出場すれば、約2年ぶりの大舞台となる。フィールドにすら立てなかったリオでの悔しさをロンドンで晴らせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る