“話し方講座”なくピリピリ 新人研修会で見えたNPBの焦り

公開日: 更新日:

 名物コーナーが消えた。

 11日、「NPB新人選手研修会」が開かれ、ソフトバンク1位指名の田中正義(22=創価大)ら12球団の新人選手114人が参加した。約5時間にも及んだ講義内容は「薬物乱用防止」「暴力団の実態と手口」「有害行為について」など。そんな中、毎年恒例の名物コーナー「インタビューへの対応」がなくなっていた。元ニッポン放送アナウンサーの深沢弘氏による話し方講座で、例年その年の注目選手が壇上に上げられ、受け答えに対して深沢氏がダメ出しするというもの。なくなった理由について、NPB関係者は「深沢さんの都合がつかなかったため」と説明したが、昨年までの和やかなムードとは一変した。

 今回の研修会、昨年2月に清原和博(49)が覚醒剤取締法違反で逮捕され、昨年3月に巨人の高木京介(27)が野球賭博に関与していたことが発覚してから初の開催。高木の一件は一昨年10月、巨人の福田聡志(33)と笠原将生(26)らの野球賭博関与に続く不祥事となり、昨年3月に球団幹部3人が辞任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る