• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大量リードのベイもヒヤリ 広島打線は試合後半に“鬼粘り”

 敗れはしたものの、広島が驚異的な追い上げを見せた。昨30日のDeNA戦。先発の九里が三回までに7点を失った。

「0-7からのスタートやからね」

 さすがに緒方監督も頭を抱えたが、五回に3点を返すと六回に追加点。すぐにDeNAに3点を奪われてもなんのその、新4番・鈴木誠也の2ランなどで終盤の2イニングに5点を取り返し、1点差まで追い詰めた。最後は2死満塁から代打の堂林が三振に倒れたが、DeNAの選手もベンチも肝を冷やしただろう。

 13日の巨人戦でも九回に一挙7得点を奪った広島打線の得点をイニング別に見てみると、六回=22得点、七回=21得点、八回=12得点、九回=13得点。六回以降、実に68得点を記録している。これは、もちろん12球団ダントツで、2位が西武の47得点。22得点でワーストの日本ハムとは46点もの大差をつけているから、広島打線の粘りがいかに驚異的かが分かる。

「誠也だけじゃない。出た選手がみんなすごい。最後の最後までものすごい執念を見せてくれた」(緒方監督)

 広島は、負けて強さを見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る