競泳日本女子史上初5冠 池江璃花子は打倒ライバルへ照準

公開日: 更新日:

 女子高生スイマーが歴史を塗り替えた。

 16日に幕を閉じた競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)の選考を兼ねた日本選手権で、池江璃花子(16=淑徳巣鴨高)が最終日に50メートル自由形(24秒57)と100メートルバタフライ(57秒39)で優勝。今大会は自由形(100、200メートル)、バタフライ(50メートル)の計5種目を制覇して世界選手権代表の内定を勝ち取った。5冠達成は女子では史上初の快挙だ。

 今や女子のエース格に成長した池江は「5冠を狙っていたのでうれしい。世界選手権ではメダルを目標に頑張りたい」と昨夏のリオ五輪以来となるビッグレースに照準を定めた。

 その世界選手権ではリオ五輪100メートル自由形で同着となり金メダルを分け合った、シモーン・マニュエル(20=米国)、ペニー・オレクシアク(16=カナダ)との再戦が見込まれる。オレクシアクとはジュニア時代からしのぎを削ってきただけに「絶対に負けたくない」とライバル心を隠さない。

 リオの同種目で準決勝敗退に終わった池江は、ライバルにどこまで食らいつけるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る