• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競泳日本女子史上初5冠 池江璃花子は打倒ライバルへ照準

 女子高生スイマーが歴史を塗り替えた。

 16日に幕を閉じた競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)の選考を兼ねた日本選手権で、池江璃花子(16=淑徳巣鴨高)が最終日に50メートル自由形(24秒57)と100メートルバタフライ(57秒39)で優勝。今大会は自由形(100、200メートル)、バタフライ(50メートル)の計5種目を制覇して世界選手権代表の内定を勝ち取った。5冠達成は女子では史上初の快挙だ。

 今や女子のエース格に成長した池江は「5冠を狙っていたのでうれしい。世界選手権ではメダルを目標に頑張りたい」と昨夏のリオ五輪以来となるビッグレースに照準を定めた。

 その世界選手権ではリオ五輪100メートル自由形で同着となり金メダルを分け合った、シモーン・マニュエル(20=米国)、ペニー・オレクシアク(16=カナダ)との再戦が見込まれる。オレクシアクとはジュニア時代からしのぎを削ってきただけに「絶対に負けたくない」とライバル心を隠さない。

 リオの同種目で準決勝敗退に終わった池江は、ライバルにどこまで食らいつけるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る