ブーイングにも動じず2勝目 楽天・岸の類いまれな集中力

公開日:

 楽天の岸(32)がまだ、東北学院大のエースだったときの話だ。

 2006年、米国で行われた日米大学野球の初戦と最終戦に先発した岸の試合前の投球練習に、あるスカウトは仰天した。1球投げるごとにグラウンドの練習を見たり、スカウトの視線を気にする投手がいる中、一心不乱に捕手のミットを目掛けて投げ続けていたからだ。

 その岸が7日、敵地で古巣の西武相手に7回を2失点に抑えて今季2勝目。左翼席の西武応援団の激しいブーイングを気にするどころか、「やりがいがあった」というのも、類いまれな集中力があればこそか。両リーグを通じて20勝一番乗りに貢献し、「あれだけのブーイングの中でよく粘った」と梨田監督も手放しの褒めようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る