• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブーイングにも動じず2勝目 楽天・岸の類いまれな集中力

 楽天の岸(32)がまだ、東北学院大のエースだったときの話だ。

 2006年、米国で行われた日米大学野球の初戦と最終戦に先発した岸の試合前の投球練習に、あるスカウトは仰天した。1球投げるごとにグラウンドの練習を見たり、スカウトの視線を気にする投手がいる中、一心不乱に捕手のミットを目掛けて投げ続けていたからだ。

 その岸が7日、敵地で古巣の西武相手に7回を2失点に抑えて今季2勝目。左翼席の西武応援団の激しいブーイングを気にするどころか、「やりがいがあった」というのも、類いまれな集中力があればこそか。両リーグを通じて20勝一番乗りに貢献し、「あれだけのブーイングの中でよく粘った」と梨田監督も手放しの褒めようだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る