スライドの巨人マイコラス 広島戦雨天中止で弾くソロバン

公開日: 更新日:

 12日の広島巨人戦は雨天中止。試合開始直前に雨が強まったものの、広島には恵みの雨となった。前日に広島入りし、主力選手に休養が与えられた巨人とは違い、東京からの当日移動だった。

 広島は6日の9点差逆転負けの傷を癒やす間もなく、チーム防御率4・11と投壊が止まらない。特に中継ぎ陣は登板過多になっており、緒方監督は「中継ぎ陣だけじゃなくて、野手陣も東京から移動してきたところだったから、いい休養になった」と中止を歓迎した。

 今季の対戦成績1勝5敗と分が悪い巨人は、弱り目の広島を叩きたかっただけに、高橋監督は「天気がいいか悪いかだから」と恨み節。一方、先発予定だったマイルズ・マイコラス(28)は13日にスライド登板となり、ほくそ笑んでいるのではないか。悪条件の中で投げないで済んだからだ。

「昨季の広島戦の防御率は4.00、13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得した2年前も同4・32。通算1勝3敗と唯一、相性が悪い。先日、『甲子園みたいな軟らかいマウンドは嫌いなんだ』と漏らしたが、雨中の試合なら足場は軟らかいどころか、ぐちゃぐちゃになる。相性が悪い広島相手なら、少しでもいい条件で投げたいところ。12日にメッセンジャーが5勝目を挙げたが、4勝で追うマイコラスも、13日の試合で5勝目となれば、21勝ペースです」(球界関係者)

 今季で巨人との2年契約が切れる。年俸2億4000万円から「20勝」以上で5億円以上の条件を引き出すか――。メジャーへ復帰するにせよ、大事な契約最終年。この助っ人にとっても、恵みの雨となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る