U20に飛び級召集 15歳FW久保建英はどこまで活躍するのか

公開日: 更新日:

 韓国で20日に開幕するU―20W杯に向け、静岡県内で合宿中の20歳以下日本代表が15日、同じW杯本大会出場組の中米ホンジュラスとテストマッチを行った。

 注目は、名門バルセロナの下部組織時代に「日本のメッシ」の異名を取り、U―17代表世代から飛び級で招集された15歳FW久保建英(FC東京U―18)が「どこまで活躍するのか?」である。

 試合は45分を2本、30分を1本の変則マッチで行われ、ベンチスタートの久保は2本目の17分に投入された。左右両サイドやトップ下にポジションを変えつつ、ボールを受けると、ドリブルとパスを効果的に織り交ぜながら、攻撃を組み立てた。

「能力の高い選手が、年代の枠組みを超えて上の世代のチームでプレーすることは、その選手本人にとっても大きなプラスとなる。この日の久保は柔軟な身のこなし、独特の間合い、繊細なタッチのドリブルでスルスルっとホンジュラス選手を抜き去り、何度も相手守備陣を慌てさせた。最年少ながら手を挙げてボールを要求したり、堂々とプレーしている姿も印象的でした。現時点で久保はU―20代表の重要な戦力となっており、W杯本大会では、決定的な仕事をやってくれるでしょう」(サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏)

 30分のセットでもプレーした久保は、終了間際にGKと1対1のチャンス。利き足の左足で繰り出したループシュートは惜しくもゴール左に外れたが、バツグンの存在感はピッチ上で際立っていた。韓国で大きな期待を寄せても良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)