大関昇進確実に 高安が兄弟子・稀勢の里に勝る2つの長所

公開日: 更新日:

 これで誰も文句はないだろう。

 大相撲5月場所、関脇高安(27)が好調の横綱日馬富士を下し、11勝目。先場所、先々場所で12勝、11勝しており、これで3場所通算34勝目。大関昇進の基準は「三役で3場所33勝以上」なので、場所後の昇進は確実だ。

「相撲をやってきて良かった。こつこつ頑張って、報われた」とは支度部屋の高安。これには休場中の稀勢の里もさぞ、喜んだに違いない。

 では、高安はその兄弟子をも上回る力士になれるのか。

 今場所は現役大関の豪栄道、元大関の琴奨菊らを立ち合いで跳ね飛ばしたように、パワーは誰しもが認めるところだ。ある親方は「稀勢の里より強くなる可能性は十分にある」と、こう続ける。

「現在、立ち合いの圧力が一番強いといわれているのが、稀勢の里。高安は次点か、ほぼ同じです。特にかち上げは、白鵬や照ノ富士をも吹っ飛ばすほどです。さらに兄弟子にない長所が2つ。1つは大一番でも緊張しないこと。2つ目は器用さです。高安は投げ、四つ、突っ張り、ひねりと何でも出来る力士。以前は技に頼るあまりに器用貧乏な面もあったが、それでも下地があるとないでは違いますからね。基本は左四つだが、右四つで戦える強みもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る