大関昇進確実に 高安が兄弟子・稀勢の里に勝る2つの長所

公開日:  更新日:

 これで誰も文句はないだろう。

 大相撲5月場所、関脇高安(27)が好調の横綱日馬富士を下し、11勝目。先場所、先々場所で12勝、11勝しており、これで3場所通算34勝目。大関昇進の基準は「三役で3場所33勝以上」なので、場所後の昇進は確実だ。

「相撲をやってきて良かった。こつこつ頑張って、報われた」とは支度部屋の高安。これには休場中の稀勢の里もさぞ、喜んだに違いない。

 では、高安はその兄弟子をも上回る力士になれるのか。

 今場所は現役大関の豪栄道、元大関の琴奨菊らを立ち合いで跳ね飛ばしたように、パワーは誰しもが認めるところだ。ある親方は「稀勢の里より強くなる可能性は十分にある」と、こう続ける。

「現在、立ち合いの圧力が一番強いといわれているのが、稀勢の里。高安は次点か、ほぼ同じです。特にかち上げは、白鵬や照ノ富士をも吹っ飛ばすほどです。さらに兄弟子にない長所が2つ。1つは大一番でも緊張しないこと。2つ目は器用さです。高安は投げ、四つ、突っ張り、ひねりと何でも出来る力士。以前は技に頼るあまりに器用貧乏な面もあったが、それでも下地があるとないでは違いますからね。基本は左四つだが、右四つで戦える強みもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る