大関昇進確実に 高安が兄弟子・稀勢の里に勝る2つの長所

公開日:  更新日:

 これで誰も文句はないだろう。

 大相撲5月場所、関脇高安(27)が好調の横綱日馬富士を下し、11勝目。先場所、先々場所で12勝、11勝しており、これで3場所通算34勝目。大関昇進の基準は「三役で3場所33勝以上」なので、場所後の昇進は確実だ。

「相撲をやってきて良かった。こつこつ頑張って、報われた」とは支度部屋の高安。これには休場中の稀勢の里もさぞ、喜んだに違いない。

 では、高安はその兄弟子をも上回る力士になれるのか。

 今場所は現役大関の豪栄道、元大関の琴奨菊らを立ち合いで跳ね飛ばしたように、パワーは誰しもが認めるところだ。ある親方は「稀勢の里より強くなる可能性は十分にある」と、こう続ける。

「現在、立ち合いの圧力が一番強いといわれているのが、稀勢の里。高安は次点か、ほぼ同じです。特にかち上げは、白鵬や照ノ富士をも吹っ飛ばすほどです。さらに兄弟子にない長所が2つ。1つは大一番でも緊張しないこと。2つ目は器用さです。高安は投げ、四つ、突っ張り、ひねりと何でも出来る力士。以前は技に頼るあまりに器用貧乏な面もあったが、それでも下地があるとないでは違いますからね。基本は左四つだが、右四つで戦える強みもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る