長引く不振 ヤクルト山田哲人の打撃狂わす“死球トラウマ”

公開日: 更新日:

 不振が続くヤクルトの山田哲人(24)が1日のオリックス戦で4月18日の巨人戦以来となる1番でスタメン出場。開幕から打率.231、5本塁打、20打点と波に乗れないこともあり、この日は気分転換の意味合いも込めての起用となったが、4打数無安打だった。

 山田の今季の不振について、昨年の2死球が影響しているとの指摘がある。昨季、7月30日の巨人戦で田原の投球を背中に受け、肋骨を骨挫傷。登録抹消を経て一軍復帰するも、9月11日の阪神戦で岩貞から再び背中に死球を受けた。その打席からシーズン終了まで42打数3安打の打率.071、0本塁打、6打点と成績が急降下していた。

 元ヤクルト監督の若松勉氏は今年のラジオ解説で、「昨年インサイドで死球を食らっている。あれが頭にあるのかなという感じ。体の開きが早くなっている」と言っていた。ある評論家もこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る