長引く不振 ヤクルト山田哲人の打撃狂わす“死球トラウマ”

公開日:

 不振が続くヤクルトの山田哲人(24)が1日のオリックス戦で4月18日の巨人戦以来となる1番でスタメン出場。開幕から打率.231、5本塁打、20打点と波に乗れないこともあり、この日は気分転換の意味合いも込めての起用となったが、4打数無安打だった。

 山田の今季の不振について、昨年の2死球が影響しているとの指摘がある。昨季、7月30日の巨人戦で田原の投球を背中に受け、肋骨を骨挫傷。登録抹消を経て一軍復帰するも、9月11日の阪神戦で岩貞から再び背中に死球を受けた。その打席からシーズン終了まで42打数3安打の打率.071、0本塁打、6打点と成績が急降下していた。

 元ヤクルト監督の若松勉氏は今年のラジオ解説で、「昨年インサイドで死球を食らっている。あれが頭にあるのかなという感じ。体の開きが早くなっている」と言っていた。ある評論家もこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る