全仏4回戦もクレー巧者と…錦織圭が抱える腰痛の深刻度

公開日:  更新日:

 前日は劣勢になってラケットをぶち壊し、腰を治療中に雨が激しくなって中断。日本時間4日に再開された全仏オープンテニス男子シングルス3回戦は、錦織圭(27)が鄭現(21=韓国)をフルセットの末、下した。

 気持ちを切り替えられたうえに、「(腰の)痛みもあったのでラッキーだった」とは試合後の本人。前日の中断は結果として「恵みの雨」だった。

 全仏はこれで3年連続の16強入りだが、抱える腰痛はかなり深刻かもしれない。

 右手首や右肩を痛めたことが腰に影響しているのかどうか、この日の終盤のショットは明らかに全力ではなかった。相手の鄭現は若手成長株とはいえ、経験が浅い。錦織はうまさで勝るだけに無理をせず、ラリーに持ち込んでの辛勝といった感じだった。

 試合後の会見が始まるまでいつも以上に時間がかかったのも、腰の治療に充てていたからだろうともっぱらだ。

 4回戦の相手は世界ランク37位のフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)。今大会の1回戦では、あのジョコビッチを破ってイタリア国際を制したズベレフ(20=ドイツ)を下して波に乗るクレー巧者だ。体調が万全でなければ苦労する相手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る