全仏4回戦もクレー巧者と…錦織圭が抱える腰痛の深刻度

公開日: 更新日:

 前日は劣勢になってラケットをぶち壊し、腰を治療中に雨が激しくなって中断。日本時間4日に再開された全仏オープンテニス男子シングルス3回戦は、錦織圭(27)が鄭現(21=韓国)をフルセットの末、下した。

 気持ちを切り替えられたうえに、「(腰の)痛みもあったのでラッキーだった」とは試合後の本人。前日の中断は結果として「恵みの雨」だった。

 全仏はこれで3年連続の16強入りだが、抱える腰痛はかなり深刻かもしれない。

 右手首や右肩を痛めたことが腰に影響しているのかどうか、この日の終盤のショットは明らかに全力ではなかった。相手の鄭現は若手成長株とはいえ、経験が浅い。錦織はうまさで勝るだけに無理をせず、ラリーに持ち込んでの辛勝といった感じだった。

 試合後の会見が始まるまでいつも以上に時間がかかったのも、腰の治療に充てていたからだろうともっぱらだ。

 4回戦の相手は世界ランク37位のフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)。今大会の1回戦では、あのジョコビッチを破ってイタリア国際を制したズベレフ(20=ドイツ)を下して波に乗るクレー巧者だ。体調が万全でなければ苦労する相手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る