全仏4回戦もクレー巧者と…錦織圭が抱える腰痛の深刻度

公開日:  更新日:

 前日は劣勢になってラケットをぶち壊し、腰を治療中に雨が激しくなって中断。日本時間4日に再開された全仏オープンテニス男子シングルス3回戦は、錦織圭(27)が鄭現(21=韓国)をフルセットの末、下した。

 気持ちを切り替えられたうえに、「(腰の)痛みもあったのでラッキーだった」とは試合後の本人。前日の中断は結果として「恵みの雨」だった。

 全仏はこれで3年連続の16強入りだが、抱える腰痛はかなり深刻かもしれない。

 右手首や右肩を痛めたことが腰に影響しているのかどうか、この日の終盤のショットは明らかに全力ではなかった。相手の鄭現は若手成長株とはいえ、経験が浅い。錦織はうまさで勝るだけに無理をせず、ラリーに持ち込んでの辛勝といった感じだった。

 試合後の会見が始まるまでいつも以上に時間がかかったのも、腰の治療に充てていたからだろうともっぱらだ。

 4回戦の相手は世界ランク37位のフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)。今大会の1回戦では、あのジョコビッチを破ってイタリア国際を制したズベレフ(20=ドイツ)を下して波に乗るクレー巧者だ。体調が万全でなければ苦労する相手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る