• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“飛ばないプロ”が初V 青木瀬玲奈スイング改造ついに実る

【ヨネックスレディス 最終日】

 最終組から5組前でプレーした4打差13位タイ発進の青木瀬令奈(24)が、6バーディー、ノーボギーの66で回り、ツアー初優勝を果たした。

 大会は初日が荒天のため中止になり、36ホールの短期決戦になった。

 日刊ゲンダイの連載で塩谷育代プロが昨年、青木のプレースタイルから「ノーマークから間隙をついて、あっという間に初勝利というパターンになりそう」と予想した通りの勝ち方だった。

 153センチと小柄な青木は飛ばないプロというレッテルを貼られていた。

 そこで練習ラウンドを共にする大西葵プロの兄、大西翔太コーチと飛距離アップに取り組み、スイング軌道をアッパーに修正。飛距離が平均で30ヤードも伸びていた。今週のドライバー平均飛距離は251・25ヤードだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る