“飛ばないプロ”が初V 青木瀬玲奈スイング改造ついに実る

公開日: 更新日:

【ヨネックスレディス 最終日】

 最終組から5組前でプレーした4打差13位タイ発進の青木瀬令奈(24)が、6バーディー、ノーボギーの66で回り、ツアー初優勝を果たした。

 大会は初日が荒天のため中止になり、36ホールの短期決戦になった。

 日刊ゲンダイの連載で塩谷育代プロが昨年、青木のプレースタイルから「ノーマークから間隙をついて、あっという間に初勝利というパターンになりそう」と予想した通りの勝ち方だった。

 153センチと小柄な青木は飛ばないプロというレッテルを貼られていた。

 そこで練習ラウンドを共にする大西葵プロの兄、大西翔太コーチと飛距離アップに取り組み、スイング軌道をアッパーに修正。飛距離が平均で30ヤードも伸びていた。今週のドライバー平均飛距離は251・25ヤードだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る