“飛ばないプロ”が初V 青木瀬玲奈スイング改造ついに実る

公開日: 更新日:

【ヨネックスレディス 最終日】

 最終組から5組前でプレーした4打差13位タイ発進の青木瀬令奈(24)が、6バーディー、ノーボギーの66で回り、ツアー初優勝を果たした。

 大会は初日が荒天のため中止になり、36ホールの短期決戦になった。

 日刊ゲンダイの連載で塩谷育代プロが昨年、青木のプレースタイルから「ノーマークから間隙をついて、あっという間に初勝利というパターンになりそう」と予想した通りの勝ち方だった。

 153センチと小柄な青木は飛ばないプロというレッテルを貼られていた。

 そこで練習ラウンドを共にする大西葵プロの兄、大西翔太コーチと飛距離アップに取り組み、スイング軌道をアッパーに修正。飛距離が平均で30ヤードも伸びていた。今週のドライバー平均飛距離は251・25ヤードだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る