同郷力士に慕われる玉鷲が起こした「ガラス破壊事件」

公開日: 更新日:

日馬富士は『何日にどこそこで飲むぞ』と率先して音頭を取るタイプだが、玉鷲は真逆。呼ばれれば行くが、自分から飲み会を招集することはない。オレがオレがという性格ではないので、同郷の力士には慕われている。モンゴル人力士はゴルフが好きで、よく仲間内で集まってコースを回っているが、玉鷲はほんの付き合い程度。腕前?彼らの中でもワースト3には入りますね」(部屋関係者)

 そんな玉鷲が一度だけ、“暴れた”のが平幕時代の11年。1月場所後の打ち上げを都内の飲食店で行っていたところ、泥酔したはずみで道路に面した店のガラスを叩き割ってしまった。玉鷲は右腕に全治3週間のケガを負い、片男波親方(元関脇玉春日)にカミナリを落とされた。

「10年に部屋を継承した玉春日は弟弟子の玉鷲を可愛がり、現役時代から押し相撲を叩き込んだ。それだけに怒り心頭で、無期限の謹慎処分を言い渡した。玉鷲も反省することしきりで、しばらくは酒自体を自粛していた」(前出の関係者)

 5月場所は10勝5敗。まさかの大関とりもあるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る