同郷力士に慕われる玉鷲が起こした「ガラス破壊事件」

公開日:  更新日:

 相撲どころか、スポーツ未経験。それが徐々に番付を上げ、今や関脇だ。

 もともと母国モンゴルではホテルマンを目指しており、モンゴル食料技術大学に入学。転機となったのが、東大大学院に留学していた姉の存在だ。

 玉鷲は03年に初来日。モンゴル人力士らが活躍していた時期なので、「自分もこの体格を生かして相撲で活躍できれば……」と悩んでいたという。そこで来日して姉と両国界隈をぶらぶらしていると、偶然にも当時幕下だった鶴竜とバッタリ。そこで鶴竜に旭鷲山の連絡先を教えてもらい、片男波部屋を紹介してもらった。19歳の時だ。

 モンゴルでは特にスポーツをやっていたわけではない。それがゆえに他競技出身者にありがちな癖もなく、すんなりと教えを吸収。入門2年目には幕下に昇進した。

 84年生まれの32歳で、日馬富士とは同級生だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る