同郷力士に慕われる玉鷲が起こした「ガラス破壊事件」

公開日: 更新日:

 相撲どころか、スポーツ未経験。それが徐々に番付を上げ、今や関脇だ。

 もともと母国モンゴルではホテルマンを目指しており、モンゴル食料技術大学に入学。転機となったのが、東大大学院に留学していた姉の存在だ。

 玉鷲は03年に初来日。モンゴル人力士らが活躍していた時期なので、「自分もこの体格を生かして相撲で活躍できれば……」と悩んでいたという。そこで来日して姉と両国界隈をぶらぶらしていると、偶然にも当時幕下だった鶴竜とバッタリ。そこで鶴竜に旭鷲山の連絡先を教えてもらい、片男波部屋を紹介してもらった。19歳の時だ。

 モンゴルでは特にスポーツをやっていたわけではない。それがゆえに他競技出身者にありがちな癖もなく、すんなりと教えを吸収。入門2年目には幕下に昇進した。

 84年生まれの32歳で、日馬富士とは同級生だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る