同郷力士に慕われる玉鷲が起こした「ガラス破壊事件」

公開日: 更新日:

 相撲どころか、スポーツ未経験。それが徐々に番付を上げ、今や関脇だ。

 もともと母国モンゴルではホテルマンを目指しており、モンゴル食料技術大学に入学。転機となったのが、東大大学院に留学していた姉の存在だ。

 玉鷲は03年に初来日。モンゴル人力士らが活躍していた時期なので、「自分もこの体格を生かして相撲で活躍できれば……」と悩んでいたという。そこで来日して姉と両国界隈をぶらぶらしていると、偶然にも当時幕下だった鶴竜とバッタリ。そこで鶴竜に旭鷲山の連絡先を教えてもらい、片男波部屋を紹介してもらった。19歳の時だ。

 モンゴルでは特にスポーツをやっていたわけではない。それがゆえに他競技出身者にありがちな癖もなく、すんなりと教えを吸収。入門2年目には幕下に昇進した。

 84年生まれの32歳で、日馬富士とは同級生だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  7. 7

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る