• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

観客動員数で記録更新 藍フィーバーの陰でひっそりV争い

【サントリーレディースオープン】

 引退する宮里藍(31)がまた記録を更新した。

 大会2日目の入場者数は昨年大会より2827人も多い9405人だった。予選2日間の合計は1万6140人となり、2009年大会の1万1351人の大会記録を大きく塗り替えた。

 22位タイ発進の2日目は2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの74とスコアを崩し、通算イーブンパー50位タイに後退したが、今大会の主役・宮里の決勝進出に大会関係者もホッと胸をなでおろしたはずだ。

 それにしても平日から多くのギャラリーが会場に押し寄せるのは異常な光景だ。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「もちろん熱狂的なファンもいるだろうが、試合会場でプレーするのは最後だから一目だけでも見ておこうという泡沫的な追っかけが圧倒的に多いと思います。試合を見に行くんじゃなく、宮里を見たいという動機でしょう。そういった意味では、寝台車のラストランによく似ている。最後だからぜひ見たいという集団心理です。でも、多くのギャラリーを引き連れてくれるから、初優勝を狙うプロはギャラリーのざわつきもなくラッキーだと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る