全米OP松山英樹は出遅れ 同伴者の攻撃ゴルフでリズム狂う

公開日: 更新日:

【全米オープン 初日】

「ショートパット、ミドルパットが入らなかった。ショットもチャンスにつけられなかった。(修正点が)多すぎる」

 5年連続出場の松山英樹(25)が2オーバー82位タイと大きく出遅れた。

 現地時間15日の朝7時51分にインから発進。

 全米オープン特有のタフな設定にも13番まではパーセーブを続けて、静かなスタートを切った。

 ところが14番パー5でボギーが先行する。ティーショットを右に曲げてフェスキューの深いラフ。ロストボールのトラブルは免れたが2打目はフェアウエーに出すだけ。3打目はグリーンをとらえられずに、またラフにつかまると4打目はグリーン反対側のバンカーへ。

 脱出は1メートルに寄せて、ここは1パットボギーでしのいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る