8月のW杯予選豪州戦はFWユリッチ封じが勝敗を左右する

公開日:

 日本代表が、8月31日のロシアW杯アジア最終予選で対戦するオーストラリア代表は現在、ロシアで開催中のW杯プレ大会「コンフェデ杯」に参加中。

 初戦でドイツに2―3で敗れ、2戦目のカメルーン代表戦(日本時間23日午前0時開始)は1―1のドロー決着だった。

 勝ち切れなかった要因に「エースFWユリッチが本調子ではない」(元サッカーダイジェスト誌編集長・六川亨氏)ことが挙げられるだろう。

「スイス1部でプレーするユリッチは、強靱なフィジカルを武器に前線でポスト役もこなせ、身長189センチ(体重82キロ)の上背を利して空中戦にも強い。典型的なセンターFWタイプのストライカーです。昨年10月のW杯最終予選・日本戦、今年6月の最終予選・サウジアラビア戦、コンフェデ杯初戦のドイツ戦とスタメン起用され、現時点のオーストラリア代表の主軸FWとして、8月末に埼スタで行われる最終予選・日本戦に先発する公算大です。日本にとってユリッチをどう封じ込むか――が勝敗の行方を左右する。まずは両サイドからのクロスの供給元を自由にプレーさせないことが大事です。カメルーン戦では、ノルウェー1部でプレーする20歳の左SBガーズバックが、積極果敢に攻め上がって好クロスを何本も放り込んだ。ここをきっちりと抑え、ユリッチには日本のCBで一番のキャリアを誇り、同じ189センチのDF吉田がタイトにマークすれば、勝機が見えてくるでしょう」(六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る