8月のW杯予選豪州戦はFWユリッチ封じが勝敗を左右する

公開日:

 日本代表が、8月31日のロシアW杯アジア最終予選で対戦するオーストラリア代表は現在、ロシアで開催中のW杯プレ大会「コンフェデ杯」に参加中。

 初戦でドイツに2―3で敗れ、2戦目のカメルーン代表戦(日本時間23日午前0時開始)は1―1のドロー決着だった。

 勝ち切れなかった要因に「エースFWユリッチが本調子ではない」(元サッカーダイジェスト誌編集長・六川亨氏)ことが挙げられるだろう。

「スイス1部でプレーするユリッチは、強靱なフィジカルを武器に前線でポスト役もこなせ、身長189センチ(体重82キロ)の上背を利して空中戦にも強い。典型的なセンターFWタイプのストライカーです。昨年10月のW杯最終予選・日本戦、今年6月の最終予選・サウジアラビア戦、コンフェデ杯初戦のドイツ戦とスタメン起用され、現時点のオーストラリア代表の主軸FWとして、8月末に埼スタで行われる最終予選・日本戦に先発する公算大です。日本にとってユリッチをどう封じ込むか――が勝敗の行方を左右する。まずは両サイドからのクロスの供給元を自由にプレーさせないことが大事です。カメルーン戦では、ノルウェー1部でプレーする20歳の左SBガーズバックが、積極果敢に攻め上がって好クロスを何本も放り込んだ。ここをきっちりと抑え、ユリッチには日本のCBで一番のキャリアを誇り、同じ189センチのDF吉田がタイトにマークすれば、勝機が見えてくるでしょう」(六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る