虎西岡が復帰即安打 新助っ人ロジャースと一塁手争い勃発

公開日: 更新日:

 阪神の西岡(32)が17日の広島戦で左アキレス腱断裂から1年ぶりに復帰。プロ初の一塁でスタメン出場した。

 1打席目の初球にいきなりセーフティーバントを仕掛けると、3打席目に初安打。球場のファンは大いに盛り上がった。一塁守備ではゴロをポロリとやって慌てる場面があったが、失策はゼロ。無難なグラブさばきを見せた。

 金本監督が「新しい風というか雰囲気を変える存在が欲しかった」と話し、チームの起爆剤として期待される西岡は、二軍では一軍の指示もあって一塁以外に遊撃、左翼など複数のポジションを守り、出場機会を待っていた。手術歴のある右肘に古傷を抱えており、長い距離の送球が求められる遊撃や外野で出場し続けることは難しいのだが、一塁には緊急補強した新助っ人のロジャース(29=パイレーツ3A)が控えているから厄介だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る