日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

21歳初出場で涙の銀 “遅咲きの新鋭”大橋悠依が大ブレーク

 女子競泳に新鋭が現れた。

 水泳の世界選手権は24日(日本時間25日未明)、女子200メートル個人メドレー決勝を行い、大橋悠依(21=東洋大)が2分7秒91で銀メダルを獲得。初の世界選手権で日本記録を0秒54更新し、今大会の競泳では日本勢初の表彰台に立った。

 大橋は最初のバタフライこそ出遅れたが、続く得意の背泳ぎで一気に巻き返して優勝したカティンカ・ホッスーに続いて2位に浮上。平泳ぎ、クロールでは安定したパフォーマンスを発揮して、そのままゴールした。

 電光掲示板で着順とタイムを確認した大橋は大きくガッツポーズ。水面に拳を叩き付けて喜びを爆発させた。5位に入った今井月と抱き合うと大粒の涙を流した。

 レース後の大橋は「2番になれると思っていなかったのでびっくりしている」と話したが、レース展開について聞かれると「思い切りいけた。自分でも泳いでいて速いと感じた」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事