世界水泳3大会ぶり金なし…男子エース2人が精彩欠く

公開日: 更新日:

 競泳の男子エース2人が精彩を欠いた。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)最終日は30日(日本時間31日未明)、400メートル個人メドレー決勝を行い、男子では瀬戸大也(23)が4分9秒14で3位に終わり、3連覇を逃した。リオ五輪金メダルの萩野公介(22)は4分12秒65の6位。女子の大橋悠依(21)は4分34秒50の4位で、200メートル銀に続くメダルはならなかった。

 今大会の日本勢は銀4、銅3の計7個のメダルを獲得したが、男子のエース2人が振るわなかったこともあり、2011年上海大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった。

 200メートルバタフライに続いて得意種目でも銅止まりだった瀬戸は「結果を素直に受け止めて東京五輪に向けて頑張りたい。(萩野)公介と2人で頑張ろうという気持ちになっている」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る