ライバル抑え銀 萩野復活の裏に競泳版トミー・ジョン手術

公開日: 更新日:

 水泳の世界選手権は27日(日本時間28日未明)、男子200メートル個人メドレー決勝を行い、萩野公介(22)が1分56秒01で銀メダルを獲得した。2013年バルセロナ大会以来2大会ぶりの表彰台である。

 萩野は背泳ぎで大きくリードを奪いながら、優勝したケイリシュに平泳ぎで追い付かれる。最後の自由形で最後まで競り合って2位でゴールした。

 同学年の瀬戸大也(23)との勝負は制したが、萩野は「(金メダルを逃したのは)力不足です。悔しいです」と話した。

 リオ五輪では400メートル個人メドレー金のほか、リレーも含めて3個のメダルを獲得したが、コンディションは決して万全でなかった。15年7月のフランス合宿中の移動の際、自転車で転倒し右肘を骨折。術後のリハビリが万全でなかったからか、肘は満足に曲がらないまま、五輪に強行出場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る