小関が銀、渡辺が銅 史上初W表彰台で日本の“お家芸”復権

公開日:  更新日:

 日本のお家芸種目が復権である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は28日、競泳男子200メートル平泳ぎ決勝を行い、小関也朱篤(25)が2分7秒29で銀メダル、渡辺一平(20)が2分7秒47で銅メダルを獲得した。同種目の日本勢では11年中国・上海大会2位の北島康介以来のメダル。日本勢が世界選手権で同時に表彰台に立つのは、全種目を通じて史上初めてのことだ。

 実力者が揃った決勝のレースで最初に飛びだしたのは小関だった。100メートルを1分1秒19のトップで折り返した。今大会は50メートルの予選(27秒21)、準決勝(27秒17)では日本新を連発。メダルには届かなかったものの、調子の良さをアピールした。後半に入ってもテンポを乱すことなく安定した泳ぎを披露。追い上げてきたチュプコフ、渡辺と三つ巴の争いを繰り広げ、最後はチュプコフにかわされたが粘りを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る