• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小関が銀、渡辺が銅 史上初W表彰台で日本の“お家芸”復権

 日本のお家芸種目が復権である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は28日、競泳男子200メートル平泳ぎ決勝を行い、小関也朱篤(25)が2分7秒29で銀メダル、渡辺一平(20)が2分7秒47で銅メダルを獲得した。同種目の日本勢では11年中国・上海大会2位の北島康介以来のメダル。日本勢が世界選手権で同時に表彰台に立つのは、全種目を通じて史上初めてのことだ。

 実力者が揃った決勝のレースで最初に飛びだしたのは小関だった。100メートルを1分1秒19のトップで折り返した。今大会は50メートルの予選(27秒21)、準決勝(27秒17)では日本新を連発。メダルには届かなかったものの、調子の良さをアピールした。後半に入ってもテンポを乱すことなく安定した泳ぎを披露。追い上げてきたチュプコフ、渡辺と三つ巴の争いを繰り広げ、最後はチュプコフにかわされたが粘りを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る