小関が銀、渡辺が銅 史上初W表彰台で日本の“お家芸”復権

公開日: 更新日:

 日本のお家芸種目が復権である。

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は28日、競泳男子200メートル平泳ぎ決勝を行い、小関也朱篤(25)が2分7秒29で銀メダル、渡辺一平(20)が2分7秒47で銅メダルを獲得した。同種目の日本勢では11年中国・上海大会2位の北島康介以来のメダル。日本勢が世界選手権で同時に表彰台に立つのは、全種目を通じて史上初めてのことだ。

 実力者が揃った決勝のレースで最初に飛びだしたのは小関だった。100メートルを1分1秒19のトップで折り返した。今大会は50メートルの予選(27秒21)、準決勝(27秒17)では日本新を連発。メダルには届かなかったものの、調子の良さをアピールした。後半に入ってもテンポを乱すことなく安定した泳ぎを披露。追い上げてきたチュプコフ、渡辺と三つ巴の争いを繰り広げ、最後はチュプコフにかわされたが粘りを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る