100バタ6位の池江瑠璃子 後半の失速は“フォーム”に難あり

公開日:

 スーパー女子高生が世界選手権(ブダペスト)で出はなをくじかれた。

 日本女子競泳のエース池江璃花子(17=淑徳巣鴨高)が24日(日本時間25日)の100メートルバタフライ決勝で57秒08の6位。個人種目の最初のレースでメダルを逃した。

 自身の持つ日本記録(56秒86)の更新もならず「自分の力が及ばず悔しい。実力不足だなと思う」と完敗を認めるしかなかった。

 このレースでは最初の50メートルは余力を残して泳ぎ、後半に仕掛ける展開を描いていた。前半を27秒03と抑えたのは作戦通りとしても、ターン後の50メートルも30秒05とタイムが伸びず、大きく遅れてゴールした。優勝したサラ・ショーストロム(スウェーデン)ら上位3人が後半、29秒台で泳いだのとは対照的だった。

 池江は驚異的なスタミナの持ち主。レース終盤に粘りを発揮して逆転するケースは珍しくないが、今回のレースで後半に失速したのは、スタミナ切れを起こしたからではない。後半にタイムを上げようと力んでフォームを崩したためだ。競泳では水をかく際、手足のタイミングがずれるなどフォームが崩れると、水にしっかりと力が伝わらずに思うようなスピードが出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る