• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

100バタ6位の池江瑠璃子 後半の失速は“フォーム”に難あり

 スーパー女子高生が世界選手権(ブダペスト)で出はなをくじかれた。

 日本女子競泳のエース池江璃花子(17=淑徳巣鴨高)が24日(日本時間25日)の100メートルバタフライ決勝で57秒08の6位。個人種目の最初のレースでメダルを逃した。

 自身の持つ日本記録(56秒86)の更新もならず「自分の力が及ばず悔しい。実力不足だなと思う」と完敗を認めるしかなかった。

 このレースでは最初の50メートルは余力を残して泳ぎ、後半に仕掛ける展開を描いていた。前半を27秒03と抑えたのは作戦通りとしても、ターン後の50メートルも30秒05とタイムが伸びず、大きく遅れてゴールした。優勝したサラ・ショーストロム(スウェーデン)ら上位3人が後半、29秒台で泳いだのとは対照的だった。

 池江は驚異的なスタミナの持ち主。レース終盤に粘りを発揮して逆転するケースは珍しくないが、今回のレースで後半に失速したのは、スタミナ切れを起こしたからではない。後半にタイムを上げようと力んでフォームを崩したためだ。競泳では水をかく際、手足のタイミングがずれるなどフォームが崩れると、水にしっかりと力が伝わらずに思うようなスピードが出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る