サファテ激怒から一夜 バンデンが8回13KでSB“内紛”回避

公開日: 更新日:

 昨日の今日だけに、工藤監督も胸をなで下ろしたんじゃないか。

 2日のオリックス戦に勝ち、楽天から首位を奪取したソフトバンク。中でも気を吐いたのが先発のバンデンハーク(32)だ。8回119球を投げ、13奪三振、1失点と好投した。

 ソフトバンクは前日1日、延長十二回に守護神のサファテ(36)がサヨナラ弾を被弾。するとサファテは、「先発陣が連続で早いイニングに降りられると、リリーフにツケが回ってくる。みんな疲れているんだ! 先発陣は何かを感じてほしい」と、不甲斐ない先発投手たちをやり玉に挙げたのだ。

 サファテ自身はマジメで、むしろ投げたがりの性格。自身の不満というよりはブルペン陣の気持ちを代弁したのだろうが、内容が内容だ。一歩間違えれば内紛の火種となりかねなかった。

 そんな危機を救ったバンデンハークは、今季17試合で100球未満の降板はわずか4試合という力投派。まさかサファテも、「明日はバンディだから、早いイニングでの降板はないだろう」と計算した上で過激な発言をしたわけじゃないだろうが……。

 いずれにせよ、首脳陣と先発陣は、バンデンハークに足を向けて寝られない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る