サファテ激怒から一夜 バンデンが8回13KでSB“内紛”回避

公開日:

 昨日の今日だけに、工藤監督も胸をなで下ろしたんじゃないか。

 2日のオリックス戦に勝ち、楽天から首位を奪取したソフトバンク。中でも気を吐いたのが先発のバンデンハーク(32)だ。8回119球を投げ、13奪三振、1失点と好投した。

 ソフトバンクは前日1日、延長十二回に守護神のサファテ(36)がサヨナラ弾を被弾。するとサファテは、「先発陣が連続で早いイニングに降りられると、リリーフにツケが回ってくる。みんな疲れているんだ! 先発陣は何かを感じてほしい」と、不甲斐ない先発投手たちをやり玉に挙げたのだ。

 サファテ自身はマジメで、むしろ投げたがりの性格。自身の不満というよりはブルペン陣の気持ちを代弁したのだろうが、内容が内容だ。一歩間違えれば内紛の火種となりかねなかった。

 そんな危機を救ったバンデンハークは、今季17試合で100球未満の降板はわずか4試合という力投派。まさかサファテも、「明日はバンディだから、早いイニングでの降板はないだろう」と計算した上で過激な発言をしたわけじゃないだろうが……。

 いずれにせよ、首脳陣と先発陣は、バンデンハークに足を向けて寝られない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る