14位で来季出場権獲得も…鈴木愛の課題は“引き出し不足”

公開日: 更新日:

【全英リコー女子オープン】

 2年連続出場の鈴木愛(23)が粘りのゴルフを見せ、来年の出場権を獲得した。

 7アンダー13位タイ発進の最終日は8番2メートル、11番6メートル、15番2メートルのバーディーパットを決めて通算10アンダー。この時点で来年のシード権圏内(15位タイまで)の13位につけた。

 ところが雨、風が突然強くなった17番パー4のボギーが痛かった。グリーン手前にクリークが流れ、フェアウエーからの2打目はエッジまで残り190ヤード。「スプーンでもグリーンに届かない」とレイアップを選択し、パーパットを決められずにボギー。最終18番も2メートルのバーディーチャンスを決められず、ホールアウトした時に通算9アンダーは16位タイだった。

 だから、「パットの決まらない一日で、苦しかった。(来年の出場権に)いけるかなと思ったけど、もう少し伸ばしたかった」と悔しい表情を見せた。それでも後続組がスコアを崩し、終わってみれば14位。来年の出場権内に潜り込んだが、手放しでは喜んでいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  8. 8

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  9. 9

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る