• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OBの助言とは正反対 NPBは侍J強化を稲葉監督に丸投げ

「いろいろな経験をされている方ばかり。アドバイスをいただけたらと思っています」

 7日に行われた「サントリードリームマッチ2017」に、2020年東京五輪で野球日本代表を率いる侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(45)が参加。試合前には法大の大先輩で、13年WBC監督である山本浩二氏にガッチリと手を握られて激励された。

 この日は山本氏のほか、04年アテネ五輪を監督代行として戦った中畑清氏、04年アテネと08年北京の五輪2大会で投手コーチを務めた大野豊氏も試合に参加した。

 この経験者3人が一様に口にしたのは、プロ球団での指導者経験がない稲葉監督を支える、コーチングスタッフの重要性だった。

■「気の合う仲間じゃダメ」

 星野監督を支えるコーチとして臨んだ08年北京五輪を振り返った山本氏は、「五輪のときは、少ないスタッフだし、ワシも大変だった。かなり制約がある。WBCよりも厳しいかもしれん」と話すと、「コーチの人選は本人が思うメンバーでやればいい」と法大の後輩をおもんぱかったが、中畑氏は日刊ゲンダイの直撃に、「(稲葉監督という)良い人材を見つけたと思うよ。あとは、スポンサーがどれだけついてくれるかだね」と、前置きしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る