OBの助言とは正反対 NPBは侍J強化を稲葉監督に丸投げ

公開日: 更新日:

「いろいろな経験をされている方ばかり。アドバイスをいただけたらと思っています」

 7日に行われた「サントリードリームマッチ2017」に、2020年東京五輪野球日本代表を率いる侍ジャパン稲葉篤紀新監督(45)が参加。試合前には法大の大先輩で、13年WBC監督である山本浩二氏にガッチリと手を握られて激励された。

 この日は山本氏のほか、04年アテネ五輪を監督代行として戦った中畑清氏、04年アテネと08年北京の五輪2大会で投手コーチを務めた大野豊氏も試合に参加した。

 この経験者3人が一様に口にしたのは、プロ球団での指導者経験がない稲葉監督を支える、コーチングスタッフの重要性だった。

■「気の合う仲間じゃダメ」

 星野監督を支えるコーチとして臨んだ08年北京五輪を振り返った山本氏は、「五輪のときは、少ないスタッフだし、ワシも大変だった。かなり制約がある。WBCよりも厳しいかもしれん」と話すと、「コーチの人選は本人が思うメンバーでやればいい」と法大の後輩をおもんぱかったが、中畑氏は日刊ゲンダイの直撃に、「(稲葉監督という)良い人材を見つけたと思うよ。あとは、スポンサーがどれだけついてくれるかだね」と、前置きしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る