OBの助言とは正反対 NPBは侍J強化を稲葉監督に丸投げ

公開日:

「いろいろな経験をされている方ばかり。アドバイスをいただけたらと思っています」

 7日に行われた「サントリードリームマッチ2017」に、2020年東京五輪で野球日本代表を率いる侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(45)が参加。試合前には法大の大先輩で、13年WBC監督である山本浩二氏にガッチリと手を握られて激励された。

 この日は山本氏のほか、04年アテネ五輪を監督代行として戦った中畑清氏、04年アテネと08年北京の五輪2大会で投手コーチを務めた大野豊氏も試合に参加した。

 この経験者3人が一様に口にしたのは、プロ球団での指導者経験がない稲葉監督を支える、コーチングスタッフの重要性だった。

■「気の合う仲間じゃダメ」

 星野監督を支えるコーチとして臨んだ08年北京五輪を振り返った山本氏は、「五輪のときは、少ないスタッフだし、ワシも大変だった。かなり制約がある。WBCよりも厳しいかもしれん」と話すと、「コーチの人選は本人が思うメンバーでやればいい」と法大の後輩をおもんぱかったが、中畑氏は日刊ゲンダイの直撃に、「(稲葉監督という)良い人材を見つけたと思うよ。あとは、スポンサーがどれだけついてくれるかだね」と、前置きしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る