• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OBの助言とは正反対 NPBは侍J強化を稲葉監督に丸投げ

「いろいろな経験をされている方ばかり。アドバイスをいただけたらと思っています」

 7日に行われた「サントリードリームマッチ2017」に、2020年東京五輪で野球日本代表を率いる侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(45)が参加。試合前には法大の大先輩で、13年WBC監督である山本浩二氏にガッチリと手を握られて激励された。

 この日は山本氏のほか、04年アテネ五輪を監督代行として戦った中畑清氏、04年アテネと08年北京の五輪2大会で投手コーチを務めた大野豊氏も試合に参加した。

 この経験者3人が一様に口にしたのは、プロ球団での指導者経験がない稲葉監督を支える、コーチングスタッフの重要性だった。

■「気の合う仲間じゃダメ」

 星野監督を支えるコーチとして臨んだ08年北京五輪を振り返った山本氏は、「五輪のときは、少ないスタッフだし、ワシも大変だった。かなり制約がある。WBCよりも厳しいかもしれん」と話すと、「コーチの人選は本人が思うメンバーでやればいい」と法大の後輩をおもんぱかったが、中畑氏は日刊ゲンダイの直撃に、「(稲葉監督という)良い人材を見つけたと思うよ。あとは、スポンサーがどれだけついてくれるかだね」と、前置きしてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事