世界陸上200m サニブラウンが苦しみながらも準決勝進出

公開日:

 日本の短距離陣2人が望みをつなげた。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は7日(日本時間8日未明)、男子200メートル予選を行い、1組のサニブラウン・ハキーム(18)が20秒52の同組2着で準決勝進出。飯塚翔太(26)は7組で20秒58の4着に終わったが、先にゴールしたカナダと南アフリカ選手がレーンを外れて失格になり、2着に繰り上がった。

 ロンドン五輪銀メダルのヨハン・ブレーク(27=ジャマイカ)ら強豪揃いの中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタート直後から後れを取りながら徐々に加速。後半の直線で巻き返し、ブレークに次いでゴールした。

 レース後のサニブラウンは「前半思ったより行けなかった。ヤバイと思ったけど、後半上げて準決勝に進めて良かった」と振り返った。

 先の100メートルでは予選で10秒05とまずまずのタイムを出しながら、準決勝ではスタート直後に体勢を崩す痛恨のミスが出て決勝進出を逃した。あすの準決勝では得意のスタートを決められるか。

▽飯塚のコメント
「運があるのかなと思う。チャンスをもらったので無駄にしないように準備したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る