• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界陸上200m サニブラウンが苦しみながらも準決勝進出

 日本の短距離陣2人が望みをつなげた。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は7日(日本時間8日未明)、男子200メートル予選を行い、1組のサニブラウン・ハキーム(18)が20秒52の同組2着で準決勝進出。飯塚翔太(26)は7組で20秒58の4着に終わったが、先にゴールしたカナダと南アフリカ選手がレーンを外れて失格になり、2着に繰り上がった。

 ロンドン五輪銀メダルのヨハン・ブレーク(27=ジャマイカ)ら強豪揃いの中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタート直後から後れを取りながら徐々に加速。後半の直線で巻き返し、ブレークに次いでゴールした。

 レース後のサニブラウンは「前半思ったより行けなかった。ヤバイと思ったけど、後半上げて準決勝に進めて良かった」と振り返った。

 先の100メートルでは予選で10秒05とまずまずのタイムを出しながら、準決勝ではスタート直後に体勢を崩す痛恨のミスが出て決勝進出を逃した。あすの準決勝では得意のスタートを決められるか。

▽飯塚のコメント
「運があるのかなと思う。チャンスをもらったので無駄にしないように準備したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る