世界陸上200m サニブラウンが苦しみながらも準決勝進出

公開日: 更新日:

 日本の短距離陣2人が望みをつなげた。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は7日(日本時間8日未明)、男子200メートル予選を行い、1組のサニブラウン・ハキーム(18)が20秒52の同組2着で準決勝進出。飯塚翔太(26)は7組で20秒58の4着に終わったが、先にゴールしたカナダと南アフリカ選手がレーンを外れて失格になり、2着に繰り上がった。

 ロンドン五輪銀メダルのヨハン・ブレーク(27=ジャマイカ)ら強豪揃いの中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタート直後から後れを取りながら徐々に加速。後半の直線で巻き返し、ブレークに次いでゴールした。

 レース後のサニブラウンは「前半思ったより行けなかった。ヤバイと思ったけど、後半上げて準決勝に進めて良かった」と振り返った。

 先の100メートルでは予選で10秒05とまずまずのタイムを出しながら、準決勝ではスタート直後に体勢を崩す痛恨のミスが出て決勝進出を逃した。あすの準決勝では得意のスタートを決められるか。

▽飯塚のコメント
「運があるのかなと思う。チャンスをもらったので無駄にしないように準備したい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  7. 7

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る