酷暑確実の東京五輪 室伏氏は競技日程は「選手第一」強調

公開日:

 やはりこの国で夏場の五輪など無理を通り越して無謀だ。

 1日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長が、19年春をメドに競技日程を固める方針を明らかにした。

 東京五輪最大の懸念材料は、言うまでもなく「暑さ」だ。毎日新聞は7月29日夕刊の紙面で「酷暑五輪『危険』レベル」という記事を掲載。専門家や研究機関の調査などを紹介し、真夏の東京五輪の危険性を説いていた。

 酷暑の負担が最も大きいマラソンは、開催時間を当初予定していた午前7時半から繰り上げる要望も出ているという。東京の日最高気温の平均(気象庁調べ)は今年7月が31.8度、昨年8月は31.6度だった。マラソンでなくとも、この時期の屋外競技は死活問題だ。

「朝や夜の方が涼しいし、アスリートファーストの視点を忘れないで時間設定も配慮する必要がある」とは室伏局長。死者を出したくなければ、深夜から早朝にかけて競技を行うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る