• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酷暑確実の東京五輪 室伏氏は競技日程は「選手第一」強調

 やはりこの国で夏場の五輪など無理を通り越して無謀だ。

 1日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長が、19年春をメドに競技日程を固める方針を明らかにした。

 東京五輪最大の懸念材料は、言うまでもなく「暑さ」だ。毎日新聞は7月29日夕刊の紙面で「酷暑五輪『危険』レベル」という記事を掲載。専門家や研究機関の調査などを紹介し、真夏の東京五輪の危険性を説いていた。

 酷暑の負担が最も大きいマラソンは、開催時間を当初予定していた午前7時半から繰り上げる要望も出ているという。東京の日最高気温の平均(気象庁調べ)は今年7月が31.8度、昨年8月は31.6度だった。マラソンでなくとも、この時期の屋外競技は死活問題だ。

「朝や夜の方が涼しいし、アスリートファーストの視点を忘れないで時間設定も配慮する必要がある」とは室伏局長。死者を出したくなければ、深夜から早朝にかけて競技を行うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る