酷暑確実の東京五輪 室伏氏は競技日程は「選手第一」強調

公開日: 更新日:

 やはりこの国で夏場の五輪など無理を通り越して無謀だ。

 1日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の室伏広治スポーツ局長が、19年春をメドに競技日程を固める方針を明らかにした。

 東京五輪最大の懸念材料は、言うまでもなく「暑さ」だ。毎日新聞は7月29日夕刊の紙面で「酷暑五輪『危険』レベル」という記事を掲載。専門家や研究機関の調査などを紹介し、真夏の東京五輪の危険性を説いていた。

 酷暑の負担が最も大きいマラソンは、開催時間を当初予定していた午前7時半から繰り上げる要望も出ているという。東京の日最高気温の平均(気象庁調べ)は今年7月が31.8度、昨年8月は31.6度だった。マラソンでなくとも、この時期の屋外競技は死活問題だ。

「朝や夜の方が涼しいし、アスリートファーストの視点を忘れないで時間設定も配慮する必要がある」とは室伏局長。死者を出したくなければ、深夜から早朝にかけて競技を行うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る