WGCよりグリーンは高速…松山の全米プロVはパターがカギ

公開日:

 これほど期待されてメジャーに臨むのは初めてだろう。10日開幕の全米プロゴルフ選手権(クエイル・ホロークラブ=米・ノースカロライナ州、7600ヤード・パー71)に5年連続出場する松山英樹(25)。これまで予選落ちは一度もなく、昨年大会は4位。先週のWGCブリヂストン招待最終日に、タイガー・ウッズの大会記録の61に並ぶスコアで圧勝し、米ツアー公式サイトの優勝予想では1番手に挙げられた。

 BS招待最終日は、課題とされるパッティングが面白いように決まり、あの日のプレーを見る限り、ファンが日本人初のメジャー優勝を期待するのはよく分かる。

 しかし、グリーンの芝質が違えばパッティングのタッチはガラリと変わるのがゴルフだ。2、3メートルのパットが入らず、イライラが募るかつての松山に戻ることも考えられる。

■改修でバミューダ芝に張り替え

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る