• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WGCよりグリーンは高速…松山の全米プロVはパターがカギ

 これほど期待されてメジャーに臨むのは初めてだろう。10日開幕の全米プロゴルフ選手権(クエイル・ホロークラブ=米・ノースカロライナ州、7600ヤード・パー71)に5年連続出場する松山英樹(25)。これまで予選落ちは一度もなく、昨年大会は4位。先週のWGCブリヂストン招待最終日に、タイガー・ウッズの大会記録の61に並ぶスコアで圧勝し、米ツアー公式サイトの優勝予想では1番手に挙げられた。

 BS招待最終日は、課題とされるパッティングが面白いように決まり、あの日のプレーを見る限り、ファンが日本人初のメジャー優勝を期待するのはよく分かる。

 しかし、グリーンの芝質が違えばパッティングのタッチはガラリと変わるのがゴルフだ。2、3メートルのパットが入らず、イライラが募るかつての松山に戻ることも考えられる。

■改修でバミューダ芝に張り替え

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る