日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松山4連続含む7バーディーで首位T 主催者の思惑はね返す

【全米プロゴルフ 2日目】

 大会2日目は日没サスペンデッドになり、1アンダー15位タイ発進の松山英樹(25)が、首位タイに並んだ。

 午前組のケビン・キスナー(33)が2日連続の67で回り、通算8アンダーでホールアウトして首位の座をキープ。その時点で7打差もあった。

 松山は午後0時55分にアウト発進。1番はいきなりティーショットを左に大きく曲げるトラブル。それでも2打目をフェアウエーに運ぶと、3打目はピンそば1メートルにつけてパーセーブ。

 この日はフィニッシュが決まらずに、不安を抱えてのラウンドにも見えた。それでも手堅くパーを拾い続けて、5番2メートル、7番1.5メートルのバーディーパットを決めて3アンダー。前半は9番がピンチだった。

 フェアウエーからの2打目をグリーン右奥へ外すと、ロブショットはピンを7メートルもオーバー。このパーパットを先週から使うマレット型パターでカップに放り込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事