• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J稲葉監督へ…小久保氏が直接伝えたアドバイスの中身

「今年のWBCで打撃コーチとして支えた小久保監督に強い影響を受けています」

 侍ジャパンの稲葉篤紀新監督(45)について、球界OBがこう言う。

 去る14日に大学日本代表を視察し、代表監督として始動した稲葉監督は就任会見で「小久保監督の築いたものを継承していいチームをつくりたい」と話していた。

「すでに、“先輩監督”から直接、アドバイスを受けていますよ」とは、前出のOB。

「要約すれば『ないものねだりをせず、自分ができることをやれ』ということです。稲葉監督は監督経験がない中での船出。周囲のみならず当の本人も就任会見で『監督経験がないので非常に不安があった』と言っている。同じく指導者経験ゼロで監督を務めた小久保は、戦術のことなど監督らしいことを偉そうには言えないと割り切り、自分が現役時代に培った野球観を伝えることに注力した。稲葉監督も同じ形をとると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る