• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米シードかけた最終戦 石川遼18位発進まずまずのスタート

【ウィンダム選手権】

 シーズン最終戦の今大会でポイントランキング上位125選手の来季シード権が決まる。

 公傷制度を利用して今季20試合目の石川遼(25)は、現在175位とシード圏内に遠く、しかもここ6試合は連続予選落ちと不調だ。初日は1イーグル、5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの4アンダー18位タイにつけた。

 125位に潜り込むには今大会2位以内の成績が必須だけに、厳しい状況なのは変わりない。

 シードを逃すとプレーオフに進出できず、下部ツアーとの入れ替え戦4試合に回ることになる。

 13年にも入れ替え戦に出場してレギュラー出場権を獲得した石川は、「あそこには戻りたくない」と入れ替え戦の過酷さを味わっている。そこでダメなら日本ツアーに戻るしかないのだ。

 またランク202位の岩田寛(36)はイーブンパーの102位。初日トップは9アンダーのM・エブリー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事