• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レスリング世界選手権 吉田&伊調不在で海外勢が虎視眈々

 日本の得意階級がピンチだ。

 レスリングの世界選手権(パリ)が21日に開幕する。今大会には前回のブダペスト大会まで13連覇した女子53キロ級の吉田沙保里(34)、過去10度の優勝を誇る58キロ級の伊調馨(33)の女王2人が、昨夏のリオ五輪を最後に休養しているため、出場を見送った。

 吉田と伊調の階級(変更前の55キロ、63キロを含む)は、これまで絶対女王の2人と対戦するため、海外勢は敬遠してきた。五輪(6階級)とは異なり、世界選手権は計8階級で争われるため、本来は吉田、伊調と同じ階級の選手は1階級上げたり、逆に下げることで対戦を避けるケースが少なくなかった。

 海外勢にとっては、霊長類最強の女子2人が不在だけに頂点に立つ絶好のチャンス。これまで五輪非階級の55キロ級、60キロ級の選手がこぞって、53キロ級と58キロ級に鞍替えする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事