レスリング世界選手権 吉田&伊調不在で海外勢が虎視眈々

公開日: 更新日:

 日本の得意階級がピンチだ。

 レスリングの世界選手権(パリ)が21日に開幕する。今大会には前回のブダペスト大会まで13連覇した女子53キロ級の吉田沙保里(34)、過去10度の優勝を誇る58キロ級の伊調馨(33)の女王2人が、昨夏のリオ五輪を最後に休養しているため、出場を見送った。

 吉田と伊調の階級(変更前の55キロ、63キロを含む)は、これまで絶対女王の2人と対戦するため、海外勢は敬遠してきた。五輪(6階級)とは異なり、世界選手権は計8階級で争われるため、本来は吉田、伊調と同じ階級の選手は1階級上げたり、逆に下げることで対戦を避けるケースが少なくなかった。

 海外勢にとっては、霊長類最強の女子2人が不在だけに頂点に立つ絶好のチャンス。これまで五輪非階級の55キロ級、60キロ級の選手がこぞって、53キロ級と58キロ級に鞍替えする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る