巨人CSへの切り札に 3勝目ドラ2畠“超草食系”エピソード

公開日:

 巨人の新人が本拠地・東京ドームで初勝利を挙げた。

 20日のDeNA戦に先発したドラフト2位ルーキー畠世周(23=近大)が、七回まで三塁を踏ませない好投で8回を125球、3安打1失点。9三振を奪い、3勝目(1敗)を挙げた。

 東京ドーム初のお立ち台では「ファンの皆さんが一番多い。そこで勝てたのがうれしい。筒香から2三振? 格上なので当たって砕けろと思って投げさせていただきました。自分の持ち味はストレートなので、どれだけ通用するか試してみたいと思った」と頼もしい。しかし、近大時代はプロの関西地区担当のスカウトから、こんな評価をされていた。 

「モノはいいけど、ハートが弱い」

 スピンの利いた150キロ級の直球、変化球も多彩。にもかかわらず、大事な試合で打たれるケースが目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る