• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

観客たまらず応援…“日本一のバンカー”に女子プロ大苦戦

【ゴルフ5レディス】最終日

「日本一」を恨んだはずだ。

 最終日の香妻琴乃(25)は、首位と2打差の通算3アンダーでスタートしたが、上位陣のバーディー合戦には加われずに、3アンダーで迎えた名物ホールの17番パー3(169ヤード)で悲劇が待っていた。グリーン左手前にあるガードバンカーのアゴは「日本一」と呼ばれ、高さは約6メートル。第1打が名物バンカーにつかまった香妻は一発で脱出したものの、ボールはグリーン奥のラフへ。そこからのアプローチは下り傾斜で加速し、再び「日本一」のバンカーにポトリ。今度は一発でアゴを越えず、2発目もアゴの傾斜を逆戻り。見かねたギャラリーから「がんばれ!」という声援が飛び、3発目でようやくグリーンに乗ると拍手が湧き起こった。

 香妻は6オン2パットの「8」という屈辱の大たたきで通算2オーバー28位に終わったが、同3オーバー33位だった川満陽香理(30)も、このバンカーから2発打っても出せず、4打目はグリーン手前のラフに打って5オン2パットだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る